リッチな中部イタリア料理をカジュアルな雰囲気で

イタリア直輸入の薪窯で焼き上げる本格ナポリピッツァと、 新鮮素材をシンプルに仕上げる、スローフードが持ち味の南イタリア料理。 そしてトスカーナ、エミリアロマーナ地方の海の幸、山の幸を贅沢に使用した リッチな中部イタリア料理をカジュアルな雰囲気で、お楽しみください。 店名のロザルバは、イタリア語で“薔薇色の夜明け”という意味、 そんな希望に溢れた綺麗な名前をナポリ在住の女性から頂きました。

ロザルばのピッツァのこだわり

ピッツァを焼く窯はイタリアから直輸入。薪で焼き上げたピッツァは
特有の香りと、表面はパリッと、中はもっちりとした、本格ナポリピッツァ。
小麦粉は、ナポリ近郊の有名ピッツェリアで使われている、
CAPUTO社の最高級超強力粉を使用し、塩は、紀元前にフェニキア人が始めた製法のまま、
現在も作り続けられているという、トラーパニサレ社のシチリア産天日塩。
オリーブオイルは、イタリア南部バジリカータ州産のエクストラバージンオイル。
トマトは、世界一のクオリティーであるといわれる、ナポリで最高のサンマルツァーノDOPを使用。
窯と素材にこだわり抜き、経験豊かなピッツァヨーロと呼ばれるピッツァ専門職人が
粉の配合から練り、発酵、形成、焼きに至るまで一人でこなし、
本物のナポリピッツァを提供します。

パスタのこだわり

食に関して、頑固なまでに強い拘りを持つイタリア人をして世界一のパスタだと、
胸を張る乾燥パスタ発祥の地、カンパーニャ州ナポリはグラニャーノ産を銘柄指定で使用しており、
特有のもっちり感と小麦の香りを楽しんで頂けます。
また、中部~北部イタリアではマンマが作る手打ち生パスタが多くなり、
中に様々な具材を詰めたりと、形も種類も星の数です。
そんな手作りパスタを常時備え、軽い南イタリア料理とは異なる、
リッチなコクと風味をお楽しみ頂けるようにしました。

産地直送のこだわり

食材は産地直送にこだわり、野菜は京都・奈良野菜を中心に契約農家より、
魚介は八幡浜を中心とした瀬戸内の漁港から直送。
新鮮な素材を本日のお薦め料理、本格的コース料理やアラカルト料理にふんだんに使い、
旬のものをよりおいしく召し上がっていただくよう心がけております。